<< Evernote:オフラインでも使える、オンラインノートブック | main | 三菱のシャープペンシル、クルトガを使ってみました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.02.20 Monday | - | | - | - | by スポンサードリンク

仮想デスクトップ:Virtual Dimensionで小さい画面も広々と

(このエントリーは、以下の記事を参考にしています)
空想具現化プログラミング:仮想デスクトップ Virtual Dimension 0.95日本語化
http://hammm.blog21.fc2.com/blog-entry-69.html


 昨日に引き続いて、今日もPCソフトウェアの記事を。
 Virtual Dimensionという、仮想デスクトップソフトを使ってみました。
 VISTAでもXPでも使えて、沢山のウィンドウでごちゃごちゃしたデスクトップも、これですっきり。筆者は「Active next desk」と「Active previous desk」に、それぞれ「ALT+2」と「ALT+1」のショートカットキーを割り当てて使っています。デスクトップの切り替え動作はきびきびとしていて、今のところ安定しています。
 仮想化して複数になったデスクトップは、用途ごとに使い分けるのが便利でいいですね。筆者は「ネットサーフィン+α」、「卒論」、「授業の予習(辞書ソフトを複数使う)」というふうにデスクを3つに分けて使っています。
 「作業の効率を上げるには、まず机の上を片付ける」ということが、PC上でも可能になるソフト。数多くのウィンドウと格闘している人におすすめのソフトです。

スポンサーサイト

2012.02.20 Monday | - | 17:41 | - | - | by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

bookmark this site.

recommend

recommend

recommend

ブクログ

selected entries

categories

profile

links

recent comment

recent trackback

archives

search this site.

面白いブログを探す

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

sponsored links